高知県産 ヒオウギ貝 (緋扇貝) 10枚

test1102e

高知県では長太郎貝と呼ばれ、バーベキューには必ず食べるヒオウギ貝!黒潮の恩恵を受けた海流だから豊富な栄養素がたっぷりで身がぎっしりと詰まっています!天然物は少なく、ほとんど養殖物が流通しています。三重県志摩や熊本県天草、大分県佐伯、島根県隠岐などが主な養殖産地です。 ヒオウギガイはホタテやイタヤガイなどと同じイタヤガイ科の二枚貝で、房総半島から南の沿岸に生息している事から「西の帆立」と呼ばれることがあります。

地方によって呼び名が変わり、高知県では「長太郎貝」、三重県志摩では「虹色貝」、愛媛県愛南では「緋扇貝」と名前を変えたり、「アッパ貝」や「バタバタ」などと呼ばれている地域もあります。
旬は秋から初夏までとなっており、夏場の産卵後は身痩せして少しサイズダウンします。 貝通の間では人気のヒオウギ貝をぜひ味わってみて下さい。
オススメは沸騰したお湯に、冷凍のままのヒオウギ貝を入れて、口が空いてから、約3~5分茹でて下さい。付属のポン酢をかけてお召し上がり下さい。冷凍のまま網焼きやBBQにもご使用頂けます。※電子レンジを使って解凍はしないで下さい。急激な解凍は旨味エキスが流れ出てパサパサな身になってしまいます。

※商品の購入はアマゾンにて ↓
https://www.amazon.co.jp/dp/B09ZTFJ866/

高知県産 ヒオウギ貝 (緋扇貝) 10枚

高知県では長太郎貝と呼ばれ、バーベキューには必ず食べるヒオウギ貝!黒潮の恩恵を受けた海流だから豊富な栄養素がたっぷりで身がぎっしりと詰まっています!天然物は少なく、ほとんど養殖物が流通しています。三重県志摩や熊本県天草、大分県佐伯、島根県隠岐などが主な養殖産地です。 ヒオウギガイはホタテやイタヤガイなどと同じイタヤガイ科の二枚貝で、房総半島から南の沿岸に生息している事から「西の帆立」と呼ばれることがあります。

地方によって呼び名が変わり、高知県では「長太郎貝」、三重県志摩では「虹色貝」、愛媛県愛南では「緋扇貝」と名前を変えたり、「アッパ貝」や「バタバタ」などと呼ばれている地域もあります。
旬は秋から初夏までとなっており、夏場の産卵後は身痩せして少しサイズダウンします。 貝通の間では人気のヒオウギ貝をぜひ味わってみて下さい。
オススメは沸騰したお湯に、冷凍のままのヒオウギ貝を入れて、口が空いてから、約3~5分茹でて下さい。付属のポン酢をかけてお召し上がり下さい。冷凍のまま網焼きやBBQにもご使用頂けます。※電子レンジを使って解凍はしないで下さい。急激な解凍は旨味エキスが流れ出てパサパサな身になってしまいます。

※商品の購入はアマゾンにて ↓
https://www.amazon.co.jp/dp/B09ZTFJ866/

3,990円

商品番号 001739
登録日 2022年06月06日
カテゴリー 魚介類・貝類
配送料の負担 送料込み
配送方法 クール便
発送元の地域 高知県
発送までの日数 別途ご連絡



買った人のレビュー / 総合評価 ( 登録なし )

販売者

商品キーワード

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この出品者の人気商品

商品ランキング

最近閲覧した商品